RR 4T 350/430/480 MY’19

RR350 4T

RR430 4T

RR480 4T

※写真をクリックすると拡大写真になります。

 

 

2019 Beta RRシリーズは、マーケットにおいて以前よりもワイドなレンジをカバーするラインアップとなりました。
ベータのフィロソフィは、各々のエンデューロライダーの特定のニーズを満たすために、エンジンサイズ毎に独自のキャラクターがあることです。
これらのマシンのアップグレードはEnduroGPにおいてEnduro3クラス及びEnduroGPクラスチャンピオンをSteve Holcombeが獲得、EnduroJuniorクラスチャンピオンをブラッド・フリーマンが獲得、過去2シーズンのEnduroGP ManufacturersタイトルをBetaが獲得した経験によるものです。
2019RRモデルの変更点は多岐に渡りますが、特にエンジン及びシャシーに集中しています。
中でもフロントフォーク及びリアサスペンションは、大きなアップデートを受けたZF Sachsコンポーネントが採用されています。

RR4T各排気量モデルの特長

350:非常にリニアな出力を提供しながら、250ccクラス並みの軽快感で高回転のライディングに有利です。4ストロークモデルの中で最も扱いやすいマシン。

430:コンペティションマシンとしてパワーとウェイトのベストバランスを追求し、アクティブなライディングフィールが特徴的なマシン。

480:長いギアリングと優れたトルク特性を発揮したときに最高の性能を発揮する高性能エンジンを搭載する最大排気量マシン。

2019 RR4T350/430/480モデルの新機能

エンジン

  • Newスロットルホルダー:微妙なスロットルワークに対するエンジンレスポンスを改善するために、Beta専用にDominoによって設計されました。
  • Newエンジンマップ:全排気量ごとに再設定され、新しいスロットルによるコントロールに優れた応答性を示します。
  • Newスレーブシリンダー:ピストン径を拡大し、ソフトかつコントローラブルなクラッチレバーフィーリングとなりました。

シャーシ

  • Newフロントフォーク:新しいZF Sach48mmフロントフォークは新たなアジャストシステムを備え、フォークトップキャップにはコンプレッション及びリバウンドアジャスターに加え、スプリングプレロードアジャスターを装備。これらの調整は工具を必要としません。
    また、新しいパッキンシステムによりスタビリティが向上し、フリクションを低減し耐久性を高める特殊なアルマイトを備えたスライダーを新採用しました。
  • Newフロントフォークエンド:新デザインとなり、高剛性かつ軽量化を達成しました。
  • Newフォークガード:フォークエンドと一体感のある新デザインとなり、インナーチューブ内側へ回り込む形状に変更されました。ダメージ回避と実用性を両立しています。
  • NewZF Sachsリアショック:コンパクトな46mmピストンを採用し、約300gの軽量化を達成。新しいピストンはオイル温度の変化に対しても安定した動作を実現しています。小さくなったアッパーベースとリザーバタンクはシステムを合理化し、重量を最小限に抑えるように再設計されました。スプリングも新設計され軽量化に寄与しています。
  • NewグラフィックMY’19

 

希望小売価格
RR4T 350 MY’19 1,180,000円(税別)
RR4T 430 MY’19 1,220,000円(税別)
RR4T 480 MY’19 1,240,000円(税別)

※販売店様までの送料 12,000円(税別)が別途必要になります。
※RR4T350/430/480の登録には排出ガス試験成績書が必要です(費用別途)
※RR4T350/430/480の予備検査取得の後の納品も可能です(費用別途)

RR 2T 250/300 MY’19

 

 

 

 

 

 

※写真をクリックすると拡大写真になります。

 

2019 Beta RRシリーズは、マーケットにおいて以前よりもワイドなレンジをカバーするラインアップとなりました。
ベータのフィロソフィは、各々のエンデューロライダーの特定のニーズを満たすために、エンジンサイズ毎に独自のキャラクターがあることです。
これらのマシンのアップグレードはEnduroGPにおいてEnduro3クラス及びEnduroGPクラスチャンピオンをSteve Holcombeが獲得、EnduroJuniorクラスチャンピオンをブラッド・フリーマンが獲得、過去2シーズンのEnduroGP ManufacturersタイトルをBetaが獲得した経験によるものです。
2019RRモデルの変更点は多岐に渡りますが、特にエンジン及びシャシーに集中しています。
中でもフロントフォーク及びリアサスペンションは、大きなアップデートを受けたZF Sachsコンポーネントが採用されています。

250/300モデルの特長

RR2T250:扱いやすいエンジン特性と素直な操縦性でバランスの良さが特徴的。トップ・オブ・ザ・レンジ・モデルよりもわずかに少ないパワーとトルクで、穏やかな2ストローク・バイクをお探しの方にも最適です。

RR2T300:どんな回転数でも優れたトルクを持つ大排気量エンジンを好む人向け。滑らかで速く、ハードエンデューロからクロスカントリーまで乗って楽しむ人に最適なバイクです。

2019 RR2T250/300モデルの新機能

エンジン

  • Newエンジンコントロールユニット(ECU):高回転時に強力なスパークを発生し、燃焼効率とエンジン性能が向上。
  • Newスレーブシリンダー:ピストン径を拡大し、ソフトかつコントローラブルなクラッチレバーフィーリングとなりました。
  • New排気バルブ(300ccONLY):非常にリニアな出力とパワー及びトルクが向上しました。エクストリームな条件下でも扱いやすい高出力エンジンはライダーを助けます。
    BPVユニットコントラストスプリングキット(300ccONLY):スプリングをセレクトすることでライダーニーズに合わせたマシンキャラクターターに対応可能。
  • Newエキゾーストチャンバー:全回転域でのパワーフィーリングが向上。ARROW製。

シャーシ

  • Newフロントフォーク:新しいZF Sach48mmフロントフォークは新たなアジャストシステムを備え、フォークトップキャップにはコンプレッション及びリバウンドアジャスターに加え、スプリングプレロードアジャスターを装備。これらの調整は工具を必要としません。また、新しいパッキンシステムによりスタビリティが向上し、フリクションを低減し耐久性を高める特殊なアルマイトを備えたスライダーを新採用しました。
  • Newフロントフォークエンド:新デザインとなり、高剛性かつ軽量化を達成しました。
  • Newフォークガード:フォークエンドと一体感のある新デザインとなり、インナーチューブ内側へ回り込む形状に変更されました。ダメージ回避と実用性を両立しています。
  • NewZF Sachsリアショック:コンパクトな46mmピストンを採用し、約300gの軽量化を達成。新しいピストンはオイル温度の変化に対しても安定した動作を実現しています。小さくなったアッパーベースとリザーバタンクはシステムを合理化し、重量を最小限に抑えるように再設計されました。スプリングも新設計され軽量化に寄与しています。
  • NewグラフィックMY’19

 

希望小売価格
RR2T250MY’19 1,020,000円(税別)
RR2T300MY’19 1,050,000円(税別)

※販売店様までの送料 12,000円(税別)が別途必要になります。
※RR2T250 は保安部品、通関証明、譲渡証明が付属し、登録が可能です。
※RR2T300 は競技専用車となり、登録はできません。

RR2T250スペックシート(PDF)

RR2T300スペックシート(PDF)

RR 2T 125/200 MY’19

RR 2T 125 MY’19

 

 

 

 

 

 

※写真をクリックすると拡大写真になります。

 

2019 Beta RRシリーズは、マーケットにおいて以前よりもワイドなレンジをカバーするラインアップとなりました。
ベータのフィロソフィは、各々のエンデューロライダーの特定のニーズを満たすために、エンジンサイズ毎に独自のキャラクターがあることです。
これらのマシンのアップグレードはEnduroGPにおいてEnduro3クラス及びEnduroGPクラスチャンピオンをSteveHolcombeが獲得、EnduroJuniorクラスチャンピオンをブラッド・フリーマンが獲得、過去2シーズンのEnduroGP ManufacturersタイトルをBetaが獲得した経験によるものです。
2019RRモデルの変更点は多岐に渡りますが、特にエンジン及びシャシーに集中しています。
中でもフロントフォーク及びリアサスペンションは、大きなアップデートを受けたZF Sachsコンポーネントが採用されています。

125モデルの特長 RR2T125:Beta

RR2Tシリーズの中で最も小さい排気量の125は軽量で扱いやすいマシンです。EUマーケットにおいて2ストローク125ccクラスは純粋なレーシングモデルとして、若いライダーを育てるカテゴリとして確立しています。また、ピュアで軽量な車体はライディングの楽しさを求めるライダーにも最適です。

2019 RR2T125モデルの新機能

エンジン

  • Newエンジンコントロールユニット(ECU):高回転時に強力なスパークを発生し、燃焼効率とエンジン性能が向上。Newスレーブシリンダー:ピストン径を拡大し、ソフトかつコントローラブルなクラッチレバーフィーリングとなりました。
  • Newエキゾーストチャンバー:全回転域でのパワーフィーリングが向上。ARROW製。

シャーシ

  • Newフロントフォーク:新しいZF Sach48mmフロントフォークは新たなアジャストシステムを備え、フォークトップキャップにはコンプレッション及びリバウンドアジャスターに加え、スプリングプレロードアジャスターを装備。これらの調整は工具を必要としません。また、新しいパッキンシステムによりスタビリティが向上し、フリクションを低減し耐久性を高める特殊なアルマイトを備えたスライダーを新採用しました。
  • Newフロントフォークエンド:新デザインとなり、高剛性かつ軽量化を達成しました。
  • Newフォークガード:フォークエンドと一体感のある新デザインとなり、インナーチューブ内側へ回り込む形状に変更されました。ダメージ回避と実用性を両立しています。
  • NewZF Sachsリアショック:コンパクトな46mmピストンを採用し、約300gの軽量化を達成。新しいピストンはオイル温度の変化に対しても安定した動作を実現しています。小さくなったアッパーベースとリザーバタンクはシステムを合理化し、重量を最小限に抑えるように再設計されました。スプリングも新設計され軽量化に寄与しています。
  • NewグラフィックMY’19

 

希望小売価格
RR 2T 125 MY’19 980,000円(税別)

2018年9月下旬発売予定

※販売店様までの送料 12,000円(税別)が別途必要になります。
※RR2T125は保安部品、通関証明、譲渡証明が付属し、登録が可能です。

 

スペックシート(PDF)


RR 2T 200 MY’19

 

 

 

 

 

 

※写真をクリックすると拡大写真になります。

 

現在写真のみ入手
詳細・価格は追ってお知らせ致します。

MFJレディース・ジュニア トライアルプログラム2018エントラント限定!

参考:プログラム概要

MFJレディース・ジュニア トライアルプログラム2018にエントリーされる方へのサポート企画としてBeta Evo 2T 125を特別価格でご提供致します。

全6回の開催日のいずれかにエントリーされる方が対象です。
(7/8白井、7/28-29亀岡、8/26亀岡、10/27-28白井)


2018 Beta Evo 2T 125 特別価格 600,000円(税別) ※WCT使用車

  • レースで使用した車両につきパーツの消耗、傷、錆び、ステッカーの傷、破れなどがある場合があります。
  • 開梱直後の破損及びメーカー補償は通常の車両と同様に行いますが、消耗品(タイヤ、各種オイル、ブレーキパット、チェーン、その他)やレース使用による劣化が原因の故障等は補償の対象外となります。
  •  純正以外のパーツ及びグラフィックが付属している場合があります。機能に支障ない場合は純正パーツへの交換は致しません。
  • 台数に限りがあります。
  • お問い合わせはBetamotor Japan又はお近くの販売店様まで。

RR 2T 250/300 Racing MY’18


RR2T250をベースにファクトリーパーツを組み込んだRacingモデル。
2017世界チャンピオンのS.ホルコム選手からのフィードバックと軽量化によりあらゆる状況下においてハンドリングとパフォーマンスが向上しています。

トライアルマシンメーカーだからできるスリムで軽量なフレームと、狙ったラインに難なく入っていけるサスペンション、エンストする気が全くしない究極の粘りを持つエンジンはクロスカントリー、オンタイム、エクストリームの全てのエンデューロシーンであなたを助けます。

・高速時の吸収性と安定性に優れたSachsクローズドカートリッジタイプフロントフォークは2018モデルの新フレームにアジャスト。
・リアショックアブソーバーも新フレームに合わせてセッティング。
・フロントアクスルに新型クイックリリースピンを装備。
・Beta純正オプション、オープンタイプハンドガードを装備。
・アルミフットペグ、シフトレバー、リアブレーキペダルにブラックアルマイト処理。
・軽量化とロングライフを実現したZF製リアスプロケット。
・レッドアルマイト処理されたオイルプラグとチェーンテンショナー。
・ブラックカラー エクセルリム。
・カードポケットが装備されたレーシングシート。
・レーシングモデル専用グラフィック(リムデカール含む)
・Michelinの新型エンデューロタイヤCOMP6を装備。
・オイルミックスキットの装備により分離給油方式に変更可能(別売)

メーカー希望小売価格(税別)
2018 RR2T250 Racing 1,160,000円
2018 RR2T300 Racing 1,180,000円

※販売店様までの送料 12,000円(税別)が別途必要になります。
※RR2T250 Racingは保安部品、通関証明、譲渡証明が付属し、登録が可能です。
※RR2T300 Racingは競技専用車となり、登録はできません。

スペックシート(英語・PDF)

Betamotor Japan 契約・サポートライダー

今シーズン BETAで選手権を参戦するライダーです。

◆ トライアルライダー

IAS 小川 毅士 宗七音響 Wise Beta Team [HP]
IAS 野本 佳章 MOTOVIENTO&Beta[HP]
IAS 磯谷 玲 Team Beta TRproduct[HP]
IA 永久保 恭平 TEAM BIGBOX Beta
IA 山崎 頌太 宗七音響 Wise Beta Team [HP]
金沢 清志
IA 金沢 清志 TEAM WISE
IA 磯谷 郁 Team Beta TRproduct[HP]
JTRレディースクラス 西村 亜弥 宗七音響 Wise Beta Team [HP]

◆エンデューロライダー

yuta JEC IA
G-net黒
熊本 悠太 Team Beta バイカーズベアwithCFC
JEC IA
石戸谷 蓮 Beta Stars Trading
JEC IA
G-net黒
和泉 拓 ストレンジモーターサイクル Beta
JEC IA 新沼 光 ストレンジモーターサイクル Beta
JEC IA 大川原 潤 Beta ウブカタジャパン ロッカーズ
JNCC AA 齋藤 祐太郎 宗七音響 Wise Beta Team [HP]
JNCC AA 渡辺 裕之 Team Betaフレアラインwith BONSAIMOTO
G-net黒 高橋 博 TEAM BETA ENJOYS

X-Trainer300 MY’18

 

 

 

X-Trainer(クロストレイナー)は「オールラウンドエンデューロバイク」のコンセプトのもとに軽量、コンパクトな車体設計とし、イージーライディングを実現したブランニューマシンです。
フルサイズマシンでありながら従来のエンデューロマシンよりもコンパクトな車格は、スキル向上を目指すライダーだけでなく、オフロード入門者やリターンライダーにも最適です。

希望小売価格
X-Trainer 300 888,000円(税別)
※販売店様までの送料 12,000円(税別)が別途必要になります。
※X-Trainer300 は競技専用車となり、ナンバー登録はできません。
※為替の変動により予告なく販売価格を変更する場合があります。

トライアルバイク BETA Evo Factory MY 2018

 

画像はクリックでHDフルサイズの画像になります。

Evo Factory MY 2018は、競争力と技術的及び審美的な機能を備えたマシンを求めているライダーに最適です。ベータは市場に2ストロークの3つのバージョン(125,250,300 cc)と4ストロークのバージョン(300 cc)をリリースします。新しいEvo Factoryは既に実証済みである信頼性に加え、より高いパフォーマンスを発揮するように大幅な改良を施しました。イタリアの唯一のトライアルバイクメーカーであるベータは、世界市場のリーダーであり数多くのテクニカルアップグレードを導入しています。これらのアップグレードはEvo Standard MY 2018に追加され、Evo Factoryをトライアルマーケットのトップレベルに位置づけています。

Evo2TFactory

  • ブラックマグネシウムクランクケース:大幅な軽量化を実現。
  • チタンエキゾーストマニホールド:性能を向上させ大幅な軽量化を実現。
  • プロファイルドクラッチディスク:厳しい条件下でもクラッチの精度と圧着力を維持します。
  • シリンダーヘッド:専用設計されたヘッド容量とスキッシュエリアにより、パフォーマンスが向上(300ccONLY)
  • CDI:プラグスパークが強化され高回転域の出力が向上。

Evo4TFactory

  • チタンサイレンサー:軽量化及び全回転域の性能を向上させ、よりリニアなパワーデリバリーが実現。

シャーシ 2T&4T

  • フォークコンプレッションアジャスター:手動ノブによるリバウンドダンピングアジャスターに加えて、フォークレッグ下部にコンプレッションアジャスターを装備。個々のライディングスタイルに適応。
  • ブラックトリプルクランプ:軽量化と高剛性を実現。
  • リヤショックユニット:リアサスペンショントラベルを伸長及びリバウンド&コンプレッションアジャスターを装備。また内部セッティングの変更により障害物へのリアタイヤによるトラクション獲得。 2ストロークモデルではアジャスターへのアクセスが容易になり、迅速な調整が可能に。
  • リアサスペンションレシオ:リンクレシオを変更により俊敏さとプログレッシブフィーリングが向上。高い障害物でリアタイヤのグリップを獲得。
  • Betaバージョンマグネットキルスイッチを装備。
  • ブラックアルマイトバーエンドプラグ、ブラックアルマイトエンジンオイルプラグ、ブラックアルマイトチェーンアジャスターを装備。
  • アルミフットペグ:スチールピンが埋め込まれ、どんな条件下でもライディンググリップを最大限に確保し、大幅な軽量化を実現。
  • レーシングブレーキディスク:より強力な制動及び軽量化を実現。
  • BrakTecマスターシリンダー:フィーリングが向上したフロントブレーキ及びクラッチマスター。
  • リアブレーキキャリパーとブレーキパッドの間に防振システムが追加されリアブレーキの鳴きを軽減。
  • 排気量別モデルによってベストなタイヤチョイスを設定。Evo2T250/2T300/4T300にはMichelin
    X11、Evo2T125にはMichelin X-LIGHTを装着。
  • Factoryモデル専用グラフィックス。

価格

Evo 2T 125 Factory 1,030,000円(税別)
Evo 2T 250 Factory 1,070,000円(税別) 
Evo 2T 300 Factory 1,090,000円(税別)

Evo 4T 300 Factory 価格・納期は後日発表

※ Evo2TFactory125/250/300は3月末入荷予定です。数量限定ですのでご注文はお早めにお願い致します。
※販売店様までの送料 12,000円(税別)が別途必要になります。
※2T125/250は通関証明、譲渡証明が付属し、登録が可能です。
※2T300は競技専用車となり、登録はできません。