Evo2T Factory /Evo4T Factory My’17

Evo2T Factory

Evo2T Factory

Evo2T Factory

2017Evo Factoryは、軽量化、高性能化、乗り心地の向上という目標で開発されました。
エンジンラインナップは、125cc、250cc、300ccの2ストロークと300ccの4ストロークで構成されています。
このエンジンは、使い勝手の良さと乗りやすさが特徴ですが、性能に妥協はありません。細かく対象を絞った多くの改善により、以前のバージョンと比較してパフォーマンスがさらに向上しています。
Evo Factoryのすべてのエンジンは、Evo STDモデルで提示された多くのアップグレードに追加して更に以下の新しい機能を備えています。

Evo2T125Factory
・マグネシウムクランクケース:大幅な軽量化を実現。
・チタンエキゾーストマニホールド:性能を向上させ大幅な軽量化を実現。
・プロファイルドクラッチディスク:最も厳しい条件下でもクラッチの精度と制御を維持。

Evo2T250Factory
・マグネシウムクランクケース:大幅な軽量化を実現。
・チタンエキゾーストマニホールド:性能を向上させ大幅な軽量化を実現。
・プロファイルドクラッチディスク:最も厳しい条件下でもクラッチの精度と制御を維持。
・イグニッションマッピング:スロットルレスポンスの向上とエンジンフィーリングを感じやすいセッティングを採用。
・サイレンサー:スタンダードモデルと比較してパフォーマンスが向上。

Evo2T300Factory
・マグネシウムクランクケース:大幅な軽量化を実現。
・チタンエキゾーストマニホールド:性能を向上させ大幅な軽量化を実現。
・プロファイルドクラッチディスク:最も厳しい条件下でもクラッチの精度と制御を維持。
・ポートタイミング:トランスファーポート及びエキゾーストポートを見直し、低回転域でのトルクが増加。
・シリンダーヘッド:専用設計されたヘッド容量とスキッシュエリアにより、パフォーマンスが向上。

Evo4T Factory

Evo4T Factory

Evo4T300Factory
・チタンサイレンサー:軽量化及び全回転域の性能を向上させ、よりリニアなパワーデリバリーが実現。

車体の変更点
・シャーシへの変更はすべてFactoryモデル(2Tと4T)で共有されます。
・フォークコンプレッションアジャスター:手動ノブによるリバウンドダンピングアジャスターに加えて、左フォークレッグ下部にコンプレッションアジャスターを装備。個々のライディングスタイルに適応。
・ブラックトリプルクランプ:軽量化と高剛性を実現。
・リヤショックユニット:リバウンド及びコンプレッションのアジャストが可能になり走破性が向上。
・リアサスペンションレシオ:リンクレシオを変更により俊敏さとプログレッシブフィーリングが向上。高い走破性が実現。
・Betaバージョンマグネットキルスイッチを装備。
・ブラックアルマイトバーエンドプラグ、ブラックアルマイトエンジンオイルプラグ、ブラックアルマイトチェーンアジャスターを装備。
・アルミフットペグ:スチールピンが埋め込まれ、どんな条件下でもライディンググリップを最大限に確保し、大幅な軽量化を実現。
・レーシングブレーキディスク:より強力な制動及び軽量化を実現。
・BrakTecマスターシリンダー:フィーリングが向上したフロントブレーキ及びクラッチマスター。
・ミシュランX-LIGHTタイヤ
・Factoryモデル専用グラフィックス。

希望小売価格(税別)
Evo2T 125 Factory  1,040,000円
Evo2T 250 Factory  1,080,000円
Evo2T 300 Factory  1,100,000円
Evo4T 300 Factory  1,200,000円

2017EvoFactoryモデルの機能説明文にリアショックアブソーバーにリザーブタンクを装備している旨の紹介文がありましたが、リザーブタンクは装備されていません。ダンパー調節は伸び側、圧側ともに可能です。訂正いたします。