トライアルバイク BETA Evo Factory MY 2018

 

画像はクリックでHDフルサイズの画像になります。

Evo Factory MY 2018は、競争力と技術的及び審美的な機能を備えたマシンを求めているライダーに最適です。ベータは市場に2ストロークの3つのバージョン(125,250,300 cc)と4ストロークのバージョン(300 cc)をリリースします。新しいEvo Factoryは既に実証済みである信頼性に加え、より高いパフォーマンスを発揮するように大幅な改良を施しました。イタリアの唯一のトライアルバイクメーカーであるベータは、世界市場のリーダーであり数多くのテクニカルアップグレードを導入しています。これらのアップグレードはEvo Standard MY 2018に追加され、Evo Factoryをトライアルマーケットのトップレベルに位置づけています。

Evo2TFactory

  • ブラックマグネシウムクランクケース:大幅な軽量化を実現。
  • チタンエキゾーストマニホールド:性能を向上させ大幅な軽量化を実現。
  • プロファイルドクラッチディスク:厳しい条件下でもクラッチの精度と圧着力を維持します。
  • シリンダーヘッド:専用設計されたヘッド容量とスキッシュエリアにより、パフォーマンスが向上(300ccONLY)
  • CDI:プラグスパークが強化され高回転域の出力が向上。

Evo4TFactory

  • チタンサイレンサー:軽量化及び全回転域の性能を向上させ、よりリニアなパワーデリバリーが実現。

シャーシ 2T&4T

  • フォークコンプレッションアジャスター:手動ノブによるリバウンドダンピングアジャスターに加えて、フォークレッグ下部にコンプレッションアジャスターを装備。個々のライディングスタイルに適応。
  • ブラックトリプルクランプ:軽量化と高剛性を実現。
  • リヤショックユニット:リアサスペンショントラベルを伸長及びリバウンド&コンプレッションアジャスターを装備。また内部セッティングの変更により障害物へのリアタイヤによるトラクション獲得。 2ストロークモデルではアジャスターへのアクセスが容易になり、迅速な調整が可能に。
  • リアサスペンションレシオ:リンクレシオを変更により俊敏さとプログレッシブフィーリングが向上。高い障害物でリアタイヤのグリップを獲得。
  • Betaバージョンマグネットキルスイッチを装備。
  • ブラックアルマイトバーエンドプラグ、ブラックアルマイトエンジンオイルプラグ、ブラックアルマイトチェーンアジャスターを装備。
  • アルミフットペグ:スチールピンが埋め込まれ、どんな条件下でもライディンググリップを最大限に確保し、大幅な軽量化を実現。
  • レーシングブレーキディスク:より強力な制動及び軽量化を実現。
  • BrakTecマスターシリンダー:フィーリングが向上したフロントブレーキ及びクラッチマスター。
  • リアブレーキキャリパーとブレーキパッドの間に防振システムが追加されリアブレーキの鳴きを軽減。
  • 排気量別モデルによってベストなタイヤチョイスを設定。Evo2T250/2T300/4T300にはMichelin
    X11、Evo2T125にはMichelin X-LIGHTを装着。
  • Factoryモデル専用グラフィックス。

価格

Evo 2T 125 Factory 1,030,000円(税別)
Evo 2T 250 Factory 1,070,000円(税別) 
Evo 2T 300 Factory 1,090,000円(税別)

Evo 4T 300 Factory 価格・納期は後日発表

※ Evo2TFactory125/250/300は3月末入荷予定です。数量限定ですのでご注文はお早めにお願い致します。
※販売店様までの送料 12,000円(税別)が別途必要になります。
※2T125/250は通関証明、譲渡証明が付属し、登録が可能です。
※2T300は競技専用車となり、登録はできません。